桜ここみ先生の感じるお泊り保育

コミック

アップリケの付いたエプロンに、股間を刺激するミニスカート。「いやっ!先生…なんて…呼ばないで」。じんわりと濡れたここみ先生の真っ白いパンティが股間に喰い込み、男を迎え入れた躰が律動を始める。「そ、そこは…だめ…!」。言葉では拒否しても、躰はもう、止まらない。先生と父親という関係から飛び出し、情欲の虜となったここみ先生は、自ら誘うように四つん這いになり、豊かなお尻を突き出していた。Gカップの巨乳と超絶クビレで大人気となったトップAV女優、桜ここみの妄想ワールドが炸裂する。