【フルカラー】臭作~鬼畜おやぢ盗撮調教日誌~ 第二章「おやぢの美学」

コミック

最初の生贄である南雲千秋と栗原朝美は臭作の恥辱の罠に屈した。言われるままに卑語を口にし、腰を使い臭作に肉体奉仕する二人の姿に女教師南綾香はただ絶句する。そして、自身もビデオに納めたその痴態を見せつけられながら蹂躙され続ける。頑強に臭作を拒む綾香も、肉体の奥深しくしとどに精を放たれるに至り、ついに墜落する。次のターゲットはおとなしく控えめな親友同士の近藤渚と水無月志保…。(原題:『臭作』)