ラブホでGO!

コミック

サービス残業大盛の後、終電を逃してしまい諦めてタクシーで帰ろうとする俺の前に美少女、女子●生が現れて…!?執拗にラブホに誘ってくる彼女、最初は無視していたがいつの間にか流されて一緒に泊まることになってしまい…?最初は女子●生にされるがままになっていた俺だがいつしか立場は逆転し、彼女のことを組み敷き犯し、あふれんばかりの精をその若い蜜壷にたたきつけるのだった…