ケーケン!~小鳥遊ルリの事情~(6)

コミック

編集さんにプロ作家のアシスタントを紹介されたんだけど、これがまた大変!だけど状況は修羅場、こうなったらカラダを使って書くまでよ!?