おっぱい喫茶バリスタ-えっちなお悩み、解決します-(9)

コミック

精霊使いの魔女が営む不思議な喫茶店バリスタ。ある日、店内が幼稚な落書きで荒され、困惑するバリスタ達の前に、魔術師養成時代の同期生シフォンが現れた。バリスタのライバルを自負する紅茶の魔女は、積年の恨みとバリスタに襲い掛かるがあっさり返り討ちにされ、自ら唱えた催淫魔法にかかってしまう。バリスタはシフォンと目障りな巨乳にお仕置きをするため、自身の激しい性欲に悩みを持つ青年の部屋へと送る。シフォンをドMの精霊と思い込んだ青年により強引な乳揉み、喉奥までペニスを咥えさせられるイラマチオ、乳房を掴まれての強制パイズリと荒々しく責めたてられる少女は、屈辱を感じつつも催淫魔法のせいで敏感になった肉体により胸責めだけで絶頂を迎えてしまい――。