精神隷属リングリングリング

コミック

理事長の娘という立場を利用し学園内で好き勝手に振舞っていた五十鈴凛香。あまりの横暴ぶりに我慢の限界を超えた生徒会長はある指輪を彼女に差し出す。その指輪には、身に着けた者はあらゆる命令をきくようになってしまう「絶対遵守の力」が込められていた。指輪を身につけ登校した凛香を待ち受けていたのは、馬鹿にしていた男子生徒へのご奉仕フェラ、衆人環視の元での処女喪失など数々の凌辱劇だった。そして、男子便所へと連れ込まれ肉便器のように扱われた彼女は、遅すぎる謝罪の言葉と絶頂を繰り返し続けるのだった。