そうだと思って…

コミック

普段おとなしい流山さんが放課後の教室で○ナニー、それも俺の席で。それを偶然目撃してしまった。流山のもっと慌てた顔を見たくなった俺は翌日、屋上で2人になり…もちろんその事をネタに流山さんを好き放題。ブルマの上からチ●コをコスって流山さんを失禁させるとその姿に欲情した俺は、ばらされたくない流山さんもまんざらでない様子なので、もちろん挿入!