鶴娘~身体を張った恩返し~(1)

コミック

ある雪の降る寒い日――。道端に雪のように白い肌をした娘が倒れていた。それを見つけたひとりの男は、娘を助けようと自分の暮らす場所へと連れて行く。だが、娘が拾われ連れられて行った先は’女に飢えた男たちの群がる浮浪者の村’だった…。記憶を失い自分が何者かも分からないその娘は、白く美しい姿から『鶴子』と名付けられ、浮浪者たちの村で暮らすことに…。そして、助けられたことへの代償は大きく、過酷な運命の幕開けだった…。