【フルカラー成人版】First Love<フルエディション> 千夏 上巻

コミック

【フルカラー62ページ】常に無愛想…というか不機嫌そうな彼女。眉間にシワを寄せたその表情は、彼女なりの照れ隠しだったことが分かった時――「ねえ…、よかったらちょっと寄っていく?」二人きりになっての帰り道。今日も今日とて小難しいそうな表情の千夏に不安さえ感じていたところに、不意にそう言われた。姉とは真逆にニコニコ顔の千秋の一言に、ちょっとイタズラ心の実験。千夏はそれを受け入れた。絡み合うように肌を重ねる彼女は、今まで見たこともないとろけるような表情だった。「ば、ばかぁ…、恥ずかしいよぉ…っ」――無性に彼女が可愛く思えた。