愛玩ロボット リリィ 3

コミック

リリィ「おはよう、ツツミ。今朝はセッ○スするか!?」ツツミ「しません」私(わたくし)は御屋敷で執事をしておりますツツミと申します。そしてこの御方が私の御仕えする主人・リリィお嬢様、見ての通りロボットです。それが何故このような事になったかと申しますと「娘には今までと同じように生活を……」と今は亡き先代のご主人様の遺言により、御嬢様のお世話をさせていただいております。普段は良き主人である御嬢様なのですが時折ナニを、もとい伽を所望され……。(フルカラー作品)