催眠アプリ~アイドル強制合体~(4)

コミック

禁断の催眠アプリを使って、誰にも言えない秘密の性癖を満たしてゆくキモヲタたち。今回の告白者は銭湯の息子。女湯に催淫剤入りのローションとマットを「アロマオイルマッサージ」と偽って設置。そして部活帰りの汗だく女子校生が汗を流しにくるところを待ち構えて、すかさず催眠術で自分の姿が見えないように暗示をかける!!いわゆる透明人間になって女湯に潜入というベタ過ぎる男の夢的なシチュエーションにヌルヌルマットプレイを持ち込んだ勃起確実の鉄板ネタを、催眠モノの旗手・香月りおが美麗カラーで描きます!!