loving Maid

コミック

お屋敷のお坊ちゃま、智文が留学から帰ってきた。このはは智文の専属メイドだ。もう少しで客が来る時間だというのに、智文はこのはの恥ずかしいところを指でさんざん弄り回す。でも、このはは智文のそばにいられることが一番の幸せなのだ。夜になると智文は昼間の続きを誘ってくる。淫らな下着姿になったこのはは、一心に智文にフェラをする。そして同時に自分のアソコも弄っている。智文がいない間もこの寝室でオナニーをしていたのだ。