【フルカラー】遠親相姦 ~巨乳母娘との新生活~ 第4話

コミック

俺は小さい頃から施設で育ち、その間ずっと里親を募集してきた。しかし、なかなか縁に恵まれず、ぼちぼち自立して生活しようか?…そんな年齢になって初めて、ある母娘が現れた。「私達あなたの里親になりたいの」『何を今さら。』そう思いながらその母娘の写真を見た。見た瞬間俺は凍りついた。なんとこの母娘おっぱいが大きい。そう俺は根っからのおっぱい好き。血がつながらないとは言いながらも家族は家族。いやらしい事を考えて良いものなのか?俺は悶々としながらも、つい里親の申し入れを受けた。おっぱい母娘との共同生活。さりげなく誘われる淫靡な光景。俺は…たまらなく…我慢できなく…そして、そこから俺の遠親相姦な日々が始まった