ムラムラ町(4)

コミック

物語作りという迷宮には高名な文芸作家さんも迷い込むといいます無名の作家である僕なら、推して知るべしなのです!そういう時は逃げようもとい、気分転換なのです!