ミルク奴隷

コミック

厳しい指導でバレー部のコーチをしている女教師の西崎は、なぜか昔から双子の妹が風邪をひけば同じ様に風邪をひいてしまう体質だった。妹が出産した時から自分も母乳が出てくる体質になってしまった西崎は、上着にまで染み出してくる母乳を搾るため指導中に抜け出し独り更衣室で母乳を搾っていた。するとそこに現れた一人の男子部員。母乳を搾っている所を見られてしまった西崎は男子部員に母乳吸引機で母乳を搾り取られ、さらに口が軽いと言う男子部員に黙っていてもらうため、男子部員の出したペニスから精液を搾り取る事になる……『ミルク奴隷』些細な事をきっかけに男性の性処理をする事になる美女達。最初は拒否していた身体も濡れれば濡れる程に、精液無しではいられないミルク奴隷に堕ちてしまうのだった…。