嬲りの城~妖女たちの慰みものに使われる性玩美童~(3)

コミック

妖女たちとのまぐわいを、いかがわしいことと心の中では忌み嫌うものの、身体は妖女たちの恥辱・凌辱的なセックスにも異常なまでに反応し、止め処なく射精してしまう菊童丸。挙句の果てには、独房で双竹とのセックスを思い出し、オナニーに呆ける始末…そんな菊童丸の惨めな姿を見ていた壱竹は、今日は自分の慰みものにしてやろうと菊童丸を誘惑!!次第に妖女たちとの淫らな関係に身も心も堕ちてゆく菊童丸の運命は……