快速痴漢電車 6両目

コミック

エロエロ凌辱連載第6回!走る電車のトイレ個室の中、誰が入ってくるかも分からないこの状況で鍵もかけず下着を脱ぎオッパイをあらわにして私はあの男を待つ…、以前トイレに駆け込んだときに鍵もかけず入ってしまい、急に入ってきた男に無理やり自由を奪われてレイプされ、それ以来この個室でいつも恥ずかしいことを強要され写真も撮られ無理やり従わされている今の状況…抜け出したいと思いつつも思いと裏腹に体は反応してしまって…?朝からアソコにローターをねじ込まれ終日つけたまま生活させられて、帰りには体が欲求不満。理性と本能の格闘!!濃厚エロ!!