∞~起きても起きてもサレる私~(2)

コミック

誰かに襲われている。気持ち悪い男にカラダを汚されている。「やめてー!!」叫んでも、誰も助けには来ない。絶望のような時間が続く中、男の呻きのような「うぅ…」という声と共に目の前が真っ白に…。ハッと目を覚ますといつものベッドの上にいた。携帯を見ると「キョウ、オマエハ、オソワレル…」というメールの着信が。起きても起きても終わることのない悪夢…。それは、決して終わらのない無限地獄への始まりの合図だった。