漁村鬼辱記 ~鬼と呼ばれた少女の悲劇~ 1

コミック

小さな漁村に住む少年拓海は、ある日浜辺に倒れている人影を見つけ助ける。拓海はその少女に「海」と名付け心惹かれていくが、その少女は村人とは異なった、透き通るような髪と綺麗な赤い目を持つ異国の少女であった。下界から隔離される小さな漁村には、異国のことなど知る者はおらず、海は鬼と呼ばれ村人に捕らわれる。海はこの村に古くから伝わる「鬼除けの儀」により、毎晩犯され続ける。その悲痛な叫びを聞きながら、自分の無力さを知る拓海。そして少年はいつしか「大人」へとなっていく。大人となった少年が選んだ答えは…。