アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第6話】止まらないイキ声

コミック

予期せぬ凌辱、抵抗できない恥辱。容赦なく下される非道な命令に、誰も逆らえない――。写メで撮影した女性を思い通りに操れるという不思議な携帯を手に入れたキモオタ・鎌田。タクシーに拉致した人気タレント女子アナ・悠里ともかを、思いのままに嬲り続ける。「なんで…!なんで私が…!こんなヤツの…!」おぼつかないながらも、喉と唇で一身にシゴき、しゃぶりつくともかに対し、次々に辱める言葉を浴びせる鎌田は、その欲望にまみれた精液をともかの口内に果てさせる――。「続きはともかチャンの家でやろうか?」鎌田の提案に、屈しようとはしないともかだったが、その強い拒否の意志は次なる凌辱へのステップでしかなかった。住所を言うまで、鎌田は車内でともかをイカせ続ける。カラダの隅から隅までを嬲り倒し、時には局部にともか自らの手をあてがわせた。「んッ!くッ…んッ!…!!」休む事なく与えられる絶頂の連続に、ともかは耐えられるのか――?ノンストップで施される強制操作!!女子アナとキモオタ男、交わるはずのない男女が交錯する先は――。帝王・クリムゾンが放つ至高のエキセントリックエロス、第6話!!