隷嬢未亡人 真理子【第16話】家畜飼育の恥蜜

コミック

亡き夫の納骨のために訪れた夫・博幸の故郷。そこは淫らな因習に支配された、鬼畜の村だった。義父を始め、村の老人たちに次々と凌辱される真理子。未亡人の熟れきった肉体は、老人たちの強力な性欲の前に官能を目覚めさせ、真理子は快楽の海に溺れる。真理子は監禁され、村の共有財産の雌牛として、家畜生活を余儀なくされる。その頃、納骨に行ったまま帰らない真理子を心配した甥の幸彦が、博幸の故郷に旅立とうとしていた……。愛する甥が再び官能の煉獄に落ちようとしているとき、真理子は終わりなき快楽に全身を貫かれ、すべてを忘れて悦楽に身を委ねていた。巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く濃厚な官能ドラマ、第16話。