人妻女子穴 志穂

コミック

愛する夫の治療費のため、会社を守るため、自らの体で奉仕をする女子アナ・志穂。彼女には、ニュースキャスターとは別の裏の顔があった――。「今夜は私、大森志穂が――…この肉体を皆様にご提供いたします…!!」志穂の肉付きのよい蜜壺にずっぽりと鎮め込まれたバイブ。垂れ流されるメス汁とその匂いに男達の興奮は一気に加速する。使用されない暗いスタジオの隅で、次々と志穂を辱めていく男達。「んぁああぁっ、オッオチ…!!オチンチンがっ私の…私の…!!」欲望のままに怒張した肉棒を体のあらゆる場所でシゴきは果てる。口にも収まりきらない程の巨根を、嗚咽交りにも口内に含み搾り出す。卑猥な言葉を強要され続け、その間も体は休まされる事なく、激しく嬲られ続け――。「チ…チンポ!チンポォオオォ――あぁ…っやぁ…だ…め!ひぐぅううぅ!!」ハレンチ熟女がハメ倒される!肛辱キング・飛野俊之が放つ過激な極上級快作!