誰にも言えない恋のうた 4 視線の温度

コミック

「お前、やっぱかわいいよ」――書店員の清正から自分に向けられる視線が気になって仕方がない、地味な童貞大学生・恵比寿。見られていると緊張するのに、そこがイイなんて…俺って変態なんじゃないかな!? 目をそらすこともできない視線の温度は――!?【フィカス】※ジャンル「X-BL」は、リブレ出版株式会社の登録商標です。