行動が描いたどうしようもないストーリー

コミック

本を読みながら歩いていたひかりと廊下の曲がり角で出会い頭にぶつかった指人の2人はその時にできたひかりのおでこの怪我の治療の為2人で保健室へ。ぶつかった時に眼鏡をなくしたひかりがど近眼な事を利用して、おちんちんをひかりに握らせ消毒液とだましてザーメンを顔射する。おちんちんと気づいたひかりは驚くどころか興味津々で舐めたり咥えたり。パンツをずらすと糸引くほど濡れ濡れ。挙句の果てには途中で見つけた眼鏡をかけて挿入するところをしっかり見たいと言い出す始末!