ランナーズハイ!!

コミック

辛くても毎朝のジョギングは欠かせない。なぜなら……愛しのあの人の揺れる胸が拝めるから!そう意気込んで走り出した束の間、無理が祟ってか意識が遠のき――目が覚めると救護室。愛しの巨乳ランナーが看病してくれたぞ!やったね!しかもなぜだか彼女の下半身もお悦びの様子で……?走って乾いた喉はアソコの汁で潤そう!ゆっくりジョギングも良いけどやっぱり男女。激しい運動が一番だ!!