イジられ失神電車(3)

コミック

引き裂かれるプリーツスカート、弄ばれるピンクの突起、野太い指に絡みつく粘液、抵抗の合い間に漏れる喘ぎ声…。満員の通勤列車は脂ぎった無法地帯!!友人の痴態を目の当たりにした潔癖の処女は、軽蔑と妄想の狭間で無垢なカラダの奥をぬめらせる。その恥ずかしい匂いを嗅ぎつけて、背後から伸びる無数の手、手、手…。「大好きなセンセイに捧げたい、のに…」――。不特定多数のオモチャと化した女子校生と、理性をかなぐり捨て己の象徴を猛らせた男たちの剥き出しの欲望を乗せ、列車は堕落の園までひた走る!!