秋の夜長の肛門性交

コミック

★主人は読書に夢中。そして私は悶々と疼く肉体を持てあましてしまうんです…。主人の本好きには困っています。最初はその理知的なところにひかれて結婚したのですが、エッチのほうは強くなく、まるで草食系の男子なんです。(中略)私にはこんなにみじめで寂しくない別の人生があったのではないか……そんなふうに夜が長いと考えてしまう今日このごろなのですが……(後略)