学祭ぬけて

コミック

某大学の学祭最終日、漫研に一人の少女が遊びに来る。友だちに仲間はずれにされてしまった少女、ゆなは漫研のメンバーと親しくなり、彼らに誘われるまま、アパートの飲み会に参加する。酔っぱらってふらふらしている、ゆな。あどけない様子に、下心のあった大学生たちも良心の呵責を感じて逡巡する。しかし、猫耳をつけておどけるゆなの様子はあまりに愛らしかった。彼らはゆなにマッサージをするふりをして身体を触り始める。