ドライアウト

コミック

今日も一人の女子生徒が学校に来ない。担任教師竹井は苛立ちながらも、その生徒、葉山のことを心配する。葉山は放課後、顔に怪我をした状態で学校にやってきた。いじめを心配する竹井だったが、葉山の問題は家庭にあった。家には母の男があがりこみ、働きもせずにあたりまえのように葉山を犯している。母はそれを見ても無感動に放置するだけだ。テレビではAVが流されている。女優の喘ぎ声を聞きながら、葉山は声をあげるものかと歯を食いしばる。