淫獄の少女たち(4)

コミック

適応障害児を救うとの名目の陰で、入所した少女を次々にペニスの餌食にして行く、インチキ福祉関係者。視察した児童相談所の圭子は、鋭くその臭いを察知する。設立者のデータを調べて青ざめる。「こ…この男は!?」