アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~【第2話】抵抗できない処女アイドル

コミック

「写メで撮った女性を思い通りに操れる」という恐るべき携帯を手にした彼女居ない歴=年齢のキモオタ・鎌田。電車で偶然居合わせた人気グラビアアイドル・南雲沙雪を密かに撮影し、恥辱の痴漢行為を満喫した鎌田だったが、まだその欲望は留まることを知らなかった。鎌田の命令により身体の自由が利かない沙雪だったが、持ち前の気の強さで未だ高圧的な態度を保っていた。しかし、気丈な言動とは裏腹に、命令によって感度が増したその身体は、鎌田の玩具の如く簡単に弄ばれてしまう。胸は全体がクリトリスと同じ感度と化し、アソコは常に敏感に疼き、触れられるだけで絶頂へと簡単に達してしまうカラダ…。そんな無力な沙雪を、鎌田は非情にもホテルの一室に連れ込むのだった。そして、それでも抵抗意識の止まない沙雪に、鎌田は更に過酷な命令を下す――。服を剥ぎ取られ、露わになる沙雪の胸を執拗に揉みしだき、今まで味わったことのない「生」の感覚を堪能する鎌田。次第に自身の妄想を具現化しようと、窓際に沙雪を立たせ、疼きの収まらない局部へとその手が伸びる――。「はううっ!!…はあ、ああっ!!」全身を駆け巡る電流のような快感に身を震わせる沙雪。全身を激しくも、ねっとりと貪るように責め続ける鎌田はついに、処女説が謳われている沙雪の核心に、己の欲望にまみれた男根で――。巨乳グラビアアイドルとキモオタ男。決して交わるはずのない男女が交錯する先は――。帝王・クリムゾンが放つ、誰も見たことのないエキセントリックエロス、第2話!!