子宮遊戯【第1話】

コミック

その昔、偶然見てしまったフィストファックのリアルな現場――。僕の性癖は、その瞬間から歪められてしまった。そして現在。同級生達と密やかなエロ話やAV談義を交わしても、僕は歪んだ性癖を隠したまま、ただ話を合わせているだけ。そんな毎日の中、ひとりの少女が僕の前に現れた。彼女の名前は綾瀬由起子。彼女は学校の屋上に僕を連れ出すと、自ら自分のスカートをまくり上げた。露わになったスカートの中は、パンツもはかずノーパンのまま、秘部に深々と挿入されたペットボトルが一本。「何を入れてもいいけど…オチンチンだけはダメだからね…」この瞬間、僕の鬱屈した日々は音を立てて崩れ始めた――。奇才・天乃一水が満を持して贈る究極の拡張シリーズ第1話!