ぶきような人(5)

コミック

周りのことを背負い過ぎるきらいのある和久井さやかを気にする無愛想な生徒指導、篠田。身体を重ねてお互いにお互いの存在がどんどん大きくなっていることを自覚をし始めていた。そこに現われたのは「先生が生徒と体育館裏にいるところを見た」という一人の女学生。「ほら指導してよセンセ」挑発に乗り篠田は……。不器用に触れ合う2人のお話、5話目です。