快速痴漢電車 3両目

コミック

まずヘッドホンをして音量はMAX。指定の電車、指定の場所に乗り、白い服を着て下着をつけずにいると痴漢に骨の髄まで犯してもらえる…その情報を信じて電車に乗り込んだ少女がまた一人痴漢の餌食になって行く…。最初は恐怖に顔を歪めていた少女も慣れてくると快感に身を委ね嬌声をあげて喜ぶのであった。