サイコロジーセックス

コミック

幼馴染みの女子校生の恵美に催眠術の研究を手伝ってもらっている坂井圭介。彼は特殊な催眠音波を使い、彼女を完全な催眠状態へと落とすことに成功する。催眠状態の恵美に「かかったふりをして小遣いをせしめていた」と白状させると、おしおきとして彼の目の前でローターオナニーを始めさせる。そして、体の自由を奪いつつ自我を取り戻させ、自らの意思で絶頂させると、催眠術で性感を高められ快楽の虜になった少女はカメラの前で肉奴隷宣言をしながら膣奥に射精され絶頂するのだった。