ももいろこぶし!(前編)

コミック

道場の一人娘、桃菜は喧嘩をすれば負け知らず。一度は敗北を知りたいと思い、腰巾着の健太に覚醒孔という技を仕掛ける。これは一時的に人間の潜在能力を限界まで引きあげ、どんな弱い人間も獣のように強くなれるというもの。秘孔を突かれて健太はまるで野獣のようになり桃菜に襲いかかる。しかし、最初に仕掛けてきた技は蹴りでも拳でもなく、キスだった。健太の唾液を飲んだ桃菜は身体に力が入らなくなり……。