妹催眠調教マニュアル(11)

コミック

急展開を迎える催眠調教物語。今回は妹失踪の裏で糸を引く池上一の過去が明かされる!この失踪事件に協力する臨床心理師・白石博文は、かつて同大学で池上の1学年後輩だった。催眠術を掛け、授業不可能な状態まで大学講師を追い込む池上。彼はそれを単に「軽いイタズラ」と吐き捨てる。そして、そんな危険人物の催眠術にはめられた心の精神は、大人達に蹂躙される中、いよいよ限界を迎えようとしていた…。