がくまん(9)

コミック

恋人・繭と初体験をしながら、秘密で先輩の涼子ともセックスをした森倉は、帰りの電車で同席した繭とも気まずい雰囲気。おりしも大雨で電車が止まり、さらには停電。だが暗闇の車内で、繭は本心を告げて…。暗闇を利用して二人は、濃厚フェラから生入れへ!他の乗客に見つかるドキドキ感を味わいながら、シーツ一枚に身を隠して、マングリ返しやバックから突き入れる!