暴走儀式

コミック

夕菜は友人の高崎に男を知らないとバカにされて、その誤解を晴らすために自分の彼氏、康一を連れてくる。そして高崎も恋人の芳樹を連れてラブホで合流。どうやら高崎たちは最初からスワッピングをするつもりだったらしい。芳樹に入れられて嫌がる夕菜は、康一が高崎とするのも泣きながら止める。そして康一のことを「お兄ィ」と口走ってしまう。二人が兄妹であることを知った高崎は面白がって二人の男を使って夕菜に二穴挿しをさせる。お兄ィのチ○ポがいつもより大きいため、夕菜は子宮が潰れそうなほどの快感に酔う。