その手をとって(8)

コミック

触手に寄生される違和感があった耶月だが、快楽を貪りきったあと、それらはもう影も形もなかった。結子は耶月のことを「もはや普通の女の子」と言う。結子の舌でイッてしまっても、確かにもう触手は出ない。これでもう触手のせいではなく自らの意志で結子を求めることができる。触手抜きで直接触れあう感触は今までとは全然違うものだった。しかし、結子は不気味な触手を自らの身体に這わせ、手なずけることに成功していた。