マミー☆メイド

コミック

深い霧の中で見つけた廃屋で一夜を過ごすことになった行商人。そこで突然、包帯まみれの身体にメイドカチューシャとエプロンを着けたマミー少女、エルテが飛び出てくる。ご主人様と交わした「次の誕生日の夜に抱いてもらう」という約束を護るために、死んでなおマミーになってまで待っていたエルテ。そんな脳天気で賑やかな彼女になぜかご主人様だと勘違いされた行商人は、下心満載で彼女を抱くことに。豊満な胸を愛撫され、テラテラ濡れた秘所をクンニされて初心な反応をするマミー娘。ペニスを挿入されて嬌声と嬉し涙を漏らす彼女に、なぜか不思議な愛しさと懐かしさを感じ始める行商人だが……。