想起 亡き師匠の未亡人と最後まで逝っちゃう

コミック

剣の師匠の最後の言葉は「妻をたのむ…」だった。寡婦となった彼女は食堂を切り盛りして生活していたのでオレは毎日通い詰めて大飯をくらっていた…。ある日師匠の墓参りの護衛をしていた時、くだんの仇敵と遭遇した…。