さうだーで

コミック

久しぶりの帰省、若き日を過ごした思い出の地で蘇る遠い日の記憶…とくに親しく話した記憶もなく、三つ編みにしたおさげの印象しかない彼女だが…!?