ペットな日常

コミック

ひきこもりの弟が唯一心を許していた愛犬を散歩中に手放してしまい行方不明に。私が代わりにペットになることで許されたが、犬同様の扱いをされ、身体中を触られながら、弟の慰みものとして過ごす毎日となりました。