黴びた書斎のティータイム

コミック

僕の家にいる司書ロボットのニルギリちゃんは掃除を頼んでもサボってばかり。毎日エロ本を読んでは俺にエロイ事をして欲しいとせがむ。でも、もともとニルギリちゃんはこんな淫乱だったわけではなく、実は昔ニルギリちゃんを買ったばかりの時は真面目だったのだが、いろんなロボパーツショップを見ているうちにアングラなおっぱい素材を見つけて買ってニルギリちゃんに装備させてから彼女はどんどん淫乱になっていってしまった。あれ?そしたら原因は俺!??そしてニルギリちゃんは興奮するとアソコからスチームを噴いてしまうので耐熱コンドームがない状態でセックスすると俺のチン●は大やけど!ある日、ニルギリちゃんに頼んだ掃除の様子を見に行ってみると部屋はきれいに片付いていて、ごほうびセックスをする事になった!ロボットちゃんのパイズリ、フェラチオ、そして禁断の生!膣内出し!!