急いで口で吸え

コミック

ここは吸血鬼の子弟が通う学校。クラスでは女子たちが初めての吸血経験で盛り上がっている。まだ吸血したことがない、しのはおかんむり。人より早く吸血すればいいってものじゃあない、でも早く自分も経験したい。そこで一足早く吸血処女から卒業した友だちの、にむちゃんにいろいろ教わろうとするが、にむちゃんは体当たりを勧めてくる。しかし、声を掛ける相手はみな、血を吸わせてくれるどころか、ヘンな勘違いをしてしのにいやらしいことばかりする。最初のお兄さんは「ちんこ吸わせて」と聞き違いをしてフェラをさせるし、次のおじさんはアナルに入れてくる。そしてしのは最後の手段に出るが……。