眼鏡っ娘連合 1 津木村鈴

コミック

鈴は眼鏡っ娘連合の委員長として地球の平和を守る日々を過ごす。不審者が少女を隠し撮りしていれば、その場で制裁を加えることも辞さない。しかし、先生はそんな鈴を心配していた。鈴は「私は先生のものですから」と言い、放課後の教室で先生を誘う。まずいのではないかと先生は躊躇するが、鈴はここのほうが興奮するのだ。教え子にフェラさせて顔にぶっかけてしまう先生だが、特別に許してくれると鈴は言う。先生の求めに応じて何度でも体を差し出す鈴。大好きな変態先生のご用ならなんでも聞くと言ってくれるが。