カラダ・ツンデレーション

コミック

必死で告白したのに、須藤君の返事は「ふ~ん」だけ。もんもんと悩んでいたら須藤君がいつもと変わらない感じでからかってきて…。【桃色日記】