治療しましょう

コミック

巨乳の心理学助教授は不感症に悩んでいた。教授に相談しても軽くいなされるばかり。それを知った学生のコータは、友人のアユムを誘い込んで良からぬことをたくらむ。夜中にいきなりやってきてカウンセリングをすると称する二人を、助教授はいぶかしみながらも部屋に迎え入れる。しかし、助教授の好みは積極的に胸を揉んできたりするコータよりも、可愛らしい顔をして側でオナニーをしているアユムだった。助教授はコータを部屋から追い出し、アユムを弄ぶ。