おくちでトロける恋body

コミック

私の好きなセイジ君は、優しくて、カッコよくて、私より背が低い…。男の子よりでっかい私だけど‘女の子’に見てもらいたくて…。【桃色日記】